無題

 最近はやることが多くて思うように本が読めない。時間がどうしても確保できないという問題は仕方がないとして、読みたい本がありすぎてどれから手を付けたら良いか迷った挙句に布団に直行するというのは、やはり後から考えてみるともったいないことをしているように思えて仕方がない。まずはてな自体文章を書くことに慣れようと思って初めてみたのだけれど、これすら続いていない。

 これは反省する気が無い反省。

「悪文」

 岩淵悦太郎編著「悪文 伝わる文章の作法」を読みました。ただし、私が読んだのは角川ソフィア文庫から2016年に発行された版です。この版は1979年刊行の「第三版 悪文」(日本評論社)を改題し文庫化したものですので、内容は1979年当時のものですね。

 本書では様々な悪文の例が、主に雑誌や新聞、広告の類から取り上げられています。何と言いますか、よくもまあここまで探したものだと思います。明らかな悪文から、よく考えれば悪文だなあというものまで、様々なパターンが挙げられています。本書には1979年に刊行された内容がそのまま出ていますので、現在では使われていないような言い回しも多いように思いました。もっとも、そのようなことで本書の値打ちが下がるということは全くなく、むしろやや保守的な態度で文章を書こうという方にとっては必読であると言っても過言ではないかと思います。

 悪文の例として取り上げられている例文は、一読しただけでは何の問題も無いように思えても、解説を読めば確かにわかりにくい文章だと思えるものばかりです。ただ、一点だけどうしても首肯できないものがありました。日本の裁判所が出す判決文、これはかなりわかりにくい文章で、読み慣れていない者にとっては間違いなく悪文です。本書ではいくつか例が挙げられているのですが、その中に明治二十四年の大津事件の判決文も挙がっていました。

 大津事件の内容については、悪文とは直接関係ないので省きますが、本書で挙がっている判決文を少し引用しておきます。原文は当然縦書きです。

 

  津田三蔵

  安政二年十二月生

 右三蔵ニ対スル被告事件検事総長ノ起訴ニ依リ審理ヲ遂クル処

 被告三蔵ハ当時滋賀県巡査奉職ノ身ヲ顧ミス今回露西亜皇太子殿下ノ我国ニ来遊セラルルハ尋常ノ漫遊ニアラサルヘシト妄信シ私ニ不快ノ意ヲ抱キ居タル処明治二十四年五月十一日殿下滋賀県ヘ来遊ニ付被告三蔵ハ大津町三井寺境内ニ於テ警衛ヲ為シ其際殿下ヲ殺害セントノ意ヲ発シ時期ヲ伺ヒ居ルトコロ被告三蔵ハ嘗テ同町大字下小唐崎町ニ警衛シ居タリシニ同日午後一時五十分頃殿下カ同所ヲ通行アラセラレタルニ当リ此ノ機ヲ失セハ再ヒ此目的ヲ達スルノ時ナカルヘシを考定シ其帯剣ヲ抜キ殿下ノ頭部ヘ二回斬リツケ傷ヲ負ハセ参ラセシニ殿下ハ其難ヲ避ケントセラレシヲ被告三蔵ノ尚ホ其意ヲ遂ケント之ヲ追躡スルニ当リ他ノ支フル所トナリ其目的ヲ遂ケサリシモノト認定ス

  (後略)

 

 私自身はこれを悪文とは思いません。確かに現代の言葉からすれば読みにくいものです。しかしこれは江戸時代によくあった漢文訓読もどきの文章を考えれば、何の問題もなく読めるのです。口語ではなく文語ということです。この判決文が悪文であるならば、高校現代文の教科書にも載っている森鴎外の「舞姫」も悪文扱いされかねません。この判決文が書かれたのが明治二十四年、まだまだ文語が使われていた時期です。主な筆記具は筆の時代です。この時期の商店の帳簿なんかを見ても、素人目には江戸時代後期のものと区別がつかない場合がほとんどです。そういった時代背景を考えずに上記の判決文を悪文であると決めつけるのは、早合点が過ぎるというものです。

 本書で私が批判したいのはこの点くらいです。特に「敬語の使い方」の章は必読です。特にコンビニのバイトさんに読んでいただきたい。 本書の他にも日本語の書き方ということでいえば、本田勝一さんの「日本語の作文技術」(朝日文庫、1982)がありますが、こちらも大変勉強になる本です。

 しかしここで、正しい日本語とは何ぞやという疑問が湧きます。私にはその答えはわかりません。水野美苗さんの「日本語が亡びるとき」(増補版はちくま文庫、2015)や田中克彦さんの「ことばと国家」(岩波新書、1981)、沖森卓也さんの「日本語全史」(ちくま新書、2017)をはじめ、言葉に関する本はたくさん出ているのですが、どれを読んでも答えは見えてこないのです。はたして正しい日本語などというものが存在するのかどうかさえも怪しいものです。

 とはいっても、わかりやすい文章、読みやすい文章というものは存在します。明らかに読みにくい文章や意味の分からない文章もあります。前者を目指そうとするのであれば、本書は間違いなく役に立つはずです。また、Twitterやネットのニュースなんかを眺めているだけで悪文は簡単に見つけられますから、それらを他山の石とする際の参考にもなるでしょう。

 Twitterやネットのニュースが美文名分で溢れることになったら。それはそれでちょっと気持ち悪い気もします。

ここまで偉そうに書いておいて、果たして自分がどこまで読みやすい文章を書けているのか、それは甚だ疑問です。修行します。

本を読んだ

 柴田勝家さんの「クロニスタ 戦争人類学者」を読みました。2016年3月発行ですから、私の基準では新しい本を読んだ気分です。「ニルヤの島」も以前読んでおりまして、やはり文化人類学をやっておられる方なのだなとわかります。文化人類学は大学の授業でそれらしいものをいくつか取っていた程度なので、私がまともな評価ができるものかどうかは甚だ怪しいですが。

 私が購入した版には帯がついてありまして、そこには「新世代が継承する「虐殺器官」の問いも涯て」と書いてあります。確かに伊藤計劃さんの「虐殺器官」を思わせるシーンもありました。問いの涯て、ということについては、はっきりとした印象は残念ながら持てませんでした。偏に私の力量不足でしょう。「虐殺器官」は読んだのですがあまり記憶に残っていないので、もう一度読んでみるとまた何か発見があるかもしれません。

 読み始めてみて真っ先に感じたのは「どこかで読んだ気がするな」という既視(読?)感でした。とりあえず一章を読み切ってから本棚を探してみますと、「伊藤計劃トリビュート」という本の「南十字星」を見つけました。そこには「後に刊行予定の第2長編の冒頭部分を抜き出した短編である」と説明がありました。私はこの説明を読み逃していたか忘れていたかしていたようです。

 「クロニスタ」は「虐殺器官」以外にも、伊藤計劃作品の影響がとても強く表れているように思います。「ハーモニー」的なある種のユートピアディストピア?)社会が想定されていたり、「伊藤計劃記録」内の記述を思わせるような話も出てきていました。また話の展開においては「屍者の帝国」のような構造もあるように思われました。「屍者の帝国」は伊藤計劃さん一人の作品ではないと言うべきなのでしょうが、それでも血脈のようなものははっきりと受け継がれているようです。

 それ以上に面白かったのが、インディ・ジョーンズの映画を思わせるシーンがあったことです。特に「クリスタルスカル」でしょうか、思わず笑ってしまいました。柴田さんの人類学とインディ・ジョーンズの考古学?で相通ずるのもがあるということなのでしょうか。もしくは主人公が学者肌だから似てくるのでしょうか。本書の舞台がアンデスということで余計にそう思えたのかもしれません。

 私はネタバレが、するのもされるのも嫌いなのであまり書きたくはないのですが、「自分とは何ぞや、意識とは何ぞや」というような問いが本書の中で発される部分があります。もっともそれは「人間とはいかなるものか」という問いへ帰結していくものなのですが、いずれにしても哲学的な領域に入っていそうです。哲学なんて高校の授業で習う程度にしか知らないので、こういった方面は私にとって未知の領域ですね。高校で哲学の科目を作ってもいいんじゃないの。

 本書は当然SFモノです。詳しくは前述の理由で触れませんが、コンピュータのネットワークの形態である「クラウドコンピューティング」が全面に出ていました。このクラウドと対置されうるもので「ユビキタスコンピューティング」の考え方がありますが、こちらは現在流行らないようです。理由は詳しくは知りません。ですが、もし本書がクラウドではなくユビキタスの方法で世界を描いていたら、本書で発されるというはどのようなものになっていたでしょうか。おそらく180度とはいかなくとも、かなり異なる世界像、人間観が組み立てられていたことでしょう。しばらくはこのネタで妄想に耽ることができそうです。

 私はSFが好きなのですが、いかんせん所謂「にわか」の域を出ないものでありまして、さらに思ったように本を読む時間がとれないこともあり、なかなかきちんと読めていないのです。ここまで読まれた方が何人おられるかは想像できませんが、おすすめの本がありましたら是非お教えください。ジャンルはSFに限りません。ホラーは苦手です。

 おしまい。

 次に読む本は全く決まっていません。

ひとつめ

 はじめてこういうものを書きます。

 文章を書きたいなと思うのに任せて始めてみた次第ですので、あまりきっちりしたものになるかどうかはわかりません。不定期更新になるでしょうし、気付いたら姿を消しているかもしれません。私は自分に言い訳をするのは人一倍上手いと自負しておりまして、最初に弁明をしておくことで逃げ道を確保しておきます。

 思ったことを思ったままに、大して整理せずに垂れ流すスタイルを予定しておりますので、あまり上手い文章ではないかもしれません。この場でぼちぼち練習していけたらなと思うところです。

 今日はネタ切れです。